Japan Disabled Golf Association

海外遠征

  • HOME »
  • 海外遠征

 

DSC_2195

DGAでは2000年から毎年、アメリカ、ヨーロッパのレベルの高い試合に選手と役員を派遣してきました。下には2000年からこれまでの海外遠征の実績を表にしています。

海外遠征のメリットは

  1. 海外の優秀な選手と共にプレーし、競うことによって選手の技術向上につながる。
  2. 海外の選手と交流を深められる。
  3. 海外の質の高い試合を経験することにより、日本の試合の運営方法の参考になる。
  4. 海外選手の使用している義足、義手、その他の補装具等が同じような障害を持つ選手の参考となる。
  5. 海外の障害者団体と意見交換を行い、協力して活動することで、国際的な障害者ゴルフ活動の発展につながる。

など、たくさんあります。

DSC_0587

経済的にはとても大変で初期には飛行機代からホテル代、食事代などはすべて選手の負担でした。昨今では選手強化の名目で助成が行われたり、寄付などもあります。それでも選手が数割の費用を負担せざるを得ない現状は変わっていません。

ただ、2000年からこれまでの間、海外遠征を続けてきたことで、海外の障害者ゴルフ団体の知り合いも数多く出来て、その財産が2014年、日本で開催した「第1回世界障害者ゴルフ選手権」の成功につながりました。

「継続は力」です。

DSC_2034

 

DGA海外遠征の歴史

2000年第53回NAGAチャンピオンシップ米国カリフォルニア州カーメル
Rancho Canada GC
役員2名 選手3名
ボランティア1名
2001年第54回NAGAチャンピオンシップ米国マサチューセッツ州ボストン
Marsh Field GC
役員2名 選手6名
2002年第55回NAGAチャンピオンシップ米国テネシー州ナッシュビル
Legends GC
役員2名 選手3名
2004年第56回NAGAチャンピオンシップ米国ミネソタ州ミネアポリス
Hazeltine National GC
役員2名 選手4名
2005年第57回NAGAチャンピオンシップ米国ニューヨーク
Beth Page GC
役員2名 選手4名
ボランティア2名
2006年第58回NAGAチャンピオンシップ米国テキサス州オースティン
Onion Creek GC
役員2名 選手3名
2007年第59回NAGAチャンピオンシップ米国イリノイ州シカゴ
Orchard Valley GC
選手2名
2008年第60回NAGAチャンピオンシップ米国コロラド州デンバー
Plum Creek GC
役員2名 選手4名
2008年第2回Swedish Invitationalスウェーデン・マルメ
ブックスクーゲンGC
2009年第61回NAGAチャンピオンシップ米国ニューハンプシャー州マンチェスター
Manchester CC
役員2名 選手4名
2010年rench International Disabled Golf Championshipフランス・パリ
Le National
役員2名 選手4名
2011年World Disabled Golf Team Championship
第3回Swedish Invitational
スウェーデン・マルメ
ブックスクーゲンGC
役員2名 選手4名
2012年第63回NAGAチャンピオンシップ米国インディアナ州インディアナポリス
役員2名 選手4名
2013年第64回NAGAチャンピオンシップ米国ネブラスカ州リンカーン
シグネイチャーGC
役員2名 選手4名
2013年第4回Swedish Invitationalスウェーデン・マルメ
ブックスクーゲンGC
選手1名 ボランティア1名
2014年台65回NAGAチャンピオンシプ米国ヴァージニア州ヴァージニアビーチ役員2名 選手3名
2015年第66回NAGAチャンピオンシップ米国アラバマ州バーミンガム
役員2名 選手3名
2015年第5回Swedish Invitationalスウェーデン・マルメ
ブックスクーゲンGC
選手2名 ボランティア1名

TEL 03-5758-3255 平日13時〜18時

PAGETOP
Copyright © NPO法人日本障害者ゴルフ協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.