Japan Disabled Golf Association

障害者ゴルフ写真集

  • HOME »
  • 障害者ゴルフ写真集

当会代表理事で写真家でもある佐藤成定が国内外を駆け回って撮影した障害者ゴルフの写真を掲載しています。

2015年末と2016年初頭には鹿児島の山形屋デパート及びNHK鹿児島放送局ロビーにて写真展を開催しました。インパクトのある写真が好評で、他の都市でも写真展を行いたいと企画中です。

会場を提供して下さる方やスポンサーを探しています。

両手無し両腕無しの男

2002年9月、テネシー州ナッシュビルのレジェンズゴルフクラブで開催されたNAGAチャンピオンシップに両腕が肘下からないプレーヤーが参加していました。幼い頃に鉄道事故で両腕を失った彼は、クラブのグリップにタオルをあてて両腕ではさみスイングをしていました。

それでも80台後半から90台ではラウンドしており、そのスイングは滑らかなものでした。カップに入ったボールも両手をすりあわせるようにして自分で拾い、何一つ障害を感じさせないプレーをしていました。

パトリス

2001年、ボストン郊外のマーシュフィールドゴルフクラブにて。パトリス・クーパーという隻腕の女性ゴルファーに出会いました。癌のため左腕を切断した彼女は自分で工夫して作った義手をつけてプレー。片腕でしかも女性であるにもかかわらず、70台後半でラウンドする名プレーヤーでした。

NAGAチャンピオンシップの女性チャンピオンとして君臨し、その時の秋、来日して「日本障害者オープンゴルフ選手権」に参加を予定していましたが、9,11事件のため、来日を断念。それでもチャンスを見て日本に来る予定でした。

しかし、2004年に彼女のメンバーコースだったヘイゼルティン・ナショナル(ミネソタ州)でNAGAチャンピオンシップを開催した頃、癌が再発。抗がん剤治療の甲斐もなく、翌年の夏に帰らぬ人となりました。

その他にもアメリカにはたくさんの障害を克服した優秀なプレーヤーがいます。彼らの写真を下のアルバムにまとめてみました。

★障害者ゴルフin USA

TEL 03-5758-3255 平日13時〜18時

PAGETOP
Copyright © NPO法人日本障害者ゴルフ協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.